ぎんがの郷小学校

ホーム学校生活ぎんがの郷日誌

ぎんがの郷日誌

1年生 「社会見学」 10月19日 New

2018.10.20 (土)

カテゴリー

 1年生は,松永はきもの資料館と福山市立動物園へ社会見学に行きました。学年で話し合って決めた「大きな声で進んであいさつをする。」,「バスや施設の中では静かにする。」,「時間を守る。」,「人の目を見て話をよく聞く。」というめあてを確認し,元気よく出発しました。

 はきもの資料館では,はきものの歴史や世界中のはきものにふれることで,はきものの面白さを知ることができました。昔のおもちゃも展示しており,子ども達は,珍しいおもちゃに目を輝かせながら遊んでいました。

 動物園では,普段見ることのできない動物の姿に興味いっぱいで,活き活きとした表情で見学していました。また,「テンジクネズミ」とのふれあい体験をし,命の大切さもしっかりと感じ取ることができました。

 

2年生 「社会見学」 10月18日

2018.10.20 (土)

カテゴリー

 社会見学に行ってきました。午前中は福山自動車時計博物館の見学,午後は鞆の浦の阿藻珍味でちくわ作りの体験をしました。

 福山自動車時計博物館の中は,オールドカーがたくさん展示してあります。好きな自動車に乗ったり,サイドカー付きのバイクに乗ったりして,楽しみました。「となりのトトロ」に出てくるようなボンネットバスで,福山の町の中を20分間のドライブ……カーブするたびに揺れるのもエンジンの大きな音も,子ども達にはワクワクする体験でした。

 お昼からは,秋晴れのよい天気を楽しみながら,鞆の浦の町中を歩いて,阿藻珍味の工場まで行きました。道幅が狭くて,人も車も,お互い譲り合って生活していることを実感しました。ちくわ作りでは,職人さんの技に驚きながら,見よう見まねでちくわを作りました。自分で作ったちくわは,今まで食べたどのちくわよりも,きっとおいしいでしょうね!

 

4年生 「人権資料館見学 」10月18日

2018.10.19 (金)

カテゴリー

 4年生は平和について学習をしています。来週広島へ社会見学に行く前に,自分たちの住んでいる福山で起こったことを学習しておこうと,福山人権資料館へ行きました。

 初めに,福山空襲や当時の福山の様子を聞き,その後福山城公園内戦争遺跡めぐりをしました。

 焼夷弾などの被害の様子や空襲を受けた石垣を実際に見ることで,被害の大きさを目の当たりにし,驚くばかりの子ども達でした。また,メレヨン島戦没者慰霊碑を前に,生き延びたのは千人で,残りの四千人は餓死したという話を聞き,食べ物を大切にしなければならないなど,いろいろなことを感じ,来週の学習へつなげることができた見学となりました。

 

「第11回 学習発表会」 10月17日

2018.10.17 (水)

カテゴリー

 10月13日(土)に,本校東体育館を会場に,学習発表会が行われました。今年も,開場時間前には校舎前に保護者の皆様の長い列ができ,期待の高さと強い熱意を感じました。

 学年の発表では,どの学年も,この2ヶ月の練習の成果を出し切った素晴らしい演奏や演技を披露することができました。それぞれの学年の個性が輝く選曲・演目で,「発表会全体を通してぎんがっ子が成長していく様子が見えてよかった」と好評をいただきました。

 合唱団アコルデの歌は,この夏,NHK全国学校音楽コンクール広島県大会で銅賞をいただいたものです。澄んだ美しい歌声は,聴く人の期待を超えるものであったと思います。また,全校合唱では,298名の心を一つに,故郷の優しく心温まる情景を歌い上げることができました。「これぞ合唱曲!」というハーモニーの美しさ,楽しさを,お届けできたと思います。

 ここで付けた力をもとに,ぎんがっ子は,これからも更なるチャレンジを続けていきます!

 

5年生 「鞆学」 10月2日,3日

2018.10.15 (月)

カテゴリー

 ぎんがの郷小学校がある福山市の中で,歴史と文化のかおる街,鞆の浦!その鞆の浦について銀河学院中学校1年生と共に学びました。子ども達は事前学習を行い,伝統ある鞆の浦にどういう文化や歴史があるか調べました。銀河学院中学校の1年生の中には,ぎんがの郷小学校の卒業生もいるので,子ども達は一緒に学べることをとても楽しみにしていました。鞆の浦のフィールドワークでは,疑問に思ったことを中学生に聞くなど,興味津々にメモを取りながら見学していました。また,今回の「鞆学」では,初めて写生を試みました。常夜灯付近から自分のお気に入りの場所を見つけ,構図や色彩を意識しながら描きました。いつもと違う雰囲気ということもあり必死に取り組む姿が見られました。今回「鞆学」で学んだことは,6年生にプレゼンテーションする予定です。

 

 

上へ戻る