ぎんがの郷小学校

ホーム学校紹介学校長挨拶

学校長挨拶

学校長挨拶 -message From principal-

 

小学校長 青木一義 「おはようございます」と、今日も元気な子ども達の挨拶がぎんがの郷に響き渡っています。登校するなり、教室にランドセルを置くと運動場に一目散に走り出して、朝から楽しそうに遊ぶ子ども達の姿。そこには学年の枠を超えた自然な交流の場も見られます。しっかりと動き回った後は、スイッチを切り替えて、学びの場で自分を高めていきます。毎日繰り返されるこのサイクルの中で、子ども達は確かな成長を遂げていきます。

 さて、ぎんがの郷小学校は、児童一人ひとりの意欲をいかに高めていくかを重点に指導をしています。これは学ぶ意欲でもあり、そして生きる力を育む原動力につながるものでもあります。「自ら進んで行う姿」、「積極的に課題を解決する姿」、こうした自立した自己エンジンで推進していく姿こそが、われわれが子ども達に求める姿です。

 また、お互いのネットワークである絆もより太いものにしていきます。子ども達が集い、ふれあい、互いに切磋琢磨しながら知恵を学び、豊かな感性と文化を育む。そして、郷に集うもの一人ひとりがお互いに信頼しあい、太い絆で結ばれていく。こうしたぎんがの郷が今年もじっくり育っていくことを願っています。我々は、子ども達より先に決してあきらめることなく、個性をしっかり見極めて、少しでも多くよいところを見つけ、それを伸ばしていきます。そして、グローバル化した世の中で広い視野と深い洞察力を持ち、ふるさと日本を愛する心と誇りを持った「ぎんがっ子」をこの大門の地「ぎんがの郷」でゆったりと確実に育てていきます。

 本年度もぎんがの郷小学校の教育活動に対しまして、ご理解ご支援の程をどうかよろしくお願いいたします。

 

 

上へ戻る